高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

森田農園に取材依頼をいただきました。

先日の香港でのフェアが共同通信から配信され、それを受けて高知放送さんが(;’∀’)!!

テレビで放送される前にこのブログで内容をお知らせしようと思ったのですが。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・困った(;´Д`)

何をお話したのか、全く思い出せない・・・自分自身、テレビ画面で確かめないといけません。

夫と二人、みかん山での作業も含めたインタビュー。

2月7日火曜日、18時15分からの放送(予定)です。

 

 


新聞、好きです。

特に、最近TOKIOの城島さんが定期購読している事で一般の方たちにも一躍有名になった農業新聞。ほんと、面白いんですよ!全国各地の農業の話題はもちろん、中四国や地元高知のコアな話題も満載。普通紙はページ目次に「経済」や「国際」「内政」がありますが、農業新聞は「JA」「流通経済」「市況」「総合営農」などなど、当たり前ですが農業に特化した内容です。一般紙で小さい扱いの話題も農業新聞だと大きく詳しく載っている事も多く、まだ就農3年の私にとってはとても勉強になる新聞。以前は気になる記事はスマホで写真を撮って保存していましたが、今年からは切り取ってスクラップブックを作り始めました。古いやり方かもしれませんが、私にはこちらが合っているようです。


近くで用があり、ランチがてら、ひろめ市場に行ってきました。

週末や夜はいつも混んでいて座る場所を探すのも一苦労の、高知きっての人気観光スポット。もちろん高知県民も大好きな場所ですよね。実は昼間に来たことはほどんど無かったのですが、この日はオープンすぐの時間だったのでまだ人もまばら。ラッキー♫と思いきや、開いてるお店もまばら(笑)

今日のお目当ては、昨年12月にオープンした「HIROME BAR(ひろめばる)」。四万十ポークのお店や土佐山のお店、ピザ・・立ち飲み形式で5店の味が楽しめます。

まー!!ちょっと来ん間にこじゃんとおしゃれになって!と、まるで親戚のおばちゃんのような気分。どの店も食べたいものだらけで困ってしまいました。

地鶏のパテ、牡蠣のアヒージョ、男爵イモのコロッケ、クラムチャウダー、ジャガイモ団子・・・・!!!(*´Д`)♪♬♫あー美味しい!幸せ!

「食べる」という行為は本当に人を幸せにする力があるなあ、と実感。私も美味しくて安全な野菜や果物を作って幸せのお手伝いをしよう、と改めて思いました。

2月からはぐっと忙しくなる森田農園。ちょっとひと息、1月のある日でした。

 


答えは食品乾燥機です!

前々から作りたかったドライフルーツの製作が始まりました!

いつも使っている作業場と倉庫がリニューアル工事中なので、とりあえず自宅に運び込んだら・・・・で、デカい(;’∀’)

この日はみかんとレモンで試作。もちろんどちらも森田農園産のものです。

乾燥機が稼働を始めた途端、柑橘のとっても良い香りが充満してきました。思いがけないアロマテラピー。

この後はポンカン、文旦、夏ミカンが控えています。さつまいもチップスも作りたい!

森田農園の新作、まもなく店頭に並びます。


 

この時期はトラクターの仕事が多く、夫は朝から各畑を回ってひたすら土おこしと土づくりです。

去年の作物の残渣を分解する腐熱促進剤をまいた後トラクターで混ぜていきます。

今年はこの畑はひと休み。緑肥を植えて来年に備えます。


ページ上部へ