高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

ここ数週間は、毎週日曜市に顔を出しています。

母の店に私の商品を置いてもらっているのでその手伝いという事もあるのですが、ちょっと離れた駐車場に車を止め、他の方々の店舗を見ながら歩くのはとても楽しいものです。

春になって葉物が多くなってきたな。このお店の田舎寿司も美味しそう。わあ、もうタケノコが出てる!!

・・・・目的の母の店は東の端の方。たどりつく頃には手に荷物がたくさん揺れています。

娘は先に走っていっておじいちゃんにお小遣いをもらいお隣のパン屋さんでケーキを買ってすでに食べていたりもします。

私自身は嫁ぐまで周りに農家はおらず、正直、日曜日は「仕事はお休み」の感覚でした。

3年前に就農してからも、子供が小さい事もあって私達夫婦は日曜日は子どもと過ごすと決めていました。

ですが、買い物に来られるお客さんに説明をしながら買っていただく、この行為のなんと楽しい事か!できる事なら毎週行きたい、と思うようになりました。

さらに、最近ある方と日曜市の話になりました。

森田農園は8代目、日曜市は300年の歴史。もしもその頃から出しているとするとこれはすごいよね、と。

調べてみると父が小学生の頃からの出店だそうで、65年ほど前でした。ここ枝川と高知市内をむすぶ咥内坂は明治の時代でも難所と言われていたらしく、馬車でも荷車を引いては上れなかったそうです。

300年じゃなかったと残念がっていた私にその方は、

「これまで65年の歴史があるという事はあなた達の代には100年を迎えるという事。喜ばしい事です。」

と言って下さいました。はっとさせられました。

高知の観光の名所、日曜市。

子供の頃はお客さんとして歩いた追手筋を、今は生産者として歩いている事が、なんとなく不思議で、そして誇らしく感じられるようになりました。娘がもう少し大きくなった時、8代目としてテントの下に立つことが今から楽しみです。

 

 


子供達が春休みに入りました。中学生の息子は休みとはいえほぼ毎日クラブですが、小学生の娘にとっては早起きも宿題もない天国のような日々。今はちょうどトウモロコシの植え付け時期と重なるので種まきのお手伝いをしてくれます。ちょっと前まではかえって邪魔(ごめん!)だったりしましたが、すっかり戦力になってきました…成長を感じます。そんなに早く成長しなくても良いのになあ、と寂しく感じたりする子離れできない母です(*´꒳`*)


森田農園の畑がある山には毎年イノシシが出ます。

特に柑橘類を植えているあたりは秋になると、毎日のように道の両側や木の根元を掘った跡があり、下手をすると道が崩れてトラックが上がれなくなったり木が倒れてしまったりもします。特に一昨年はイノシシがしょっちゅう民家の方まで下りてきて、時には我が家の裏庭で親子でいるのを目撃したり、家の前の農道をカツカツと音を蹄を鳴らして駆けて行く姿も見かけました。子供に何かあっては大変、とずいぶん心配もしました。

その時期になると鉄砲を抱えた猟友会の皆さんが数人で山に来て下さり、おーい捕まえたらしいぞ!!と父が畑を放り出して(笑)行ってしまう事も。不謹慎ではありますが、そんな風景をすんなり受け入れている自分がおかしくなったりもします。

イノシシを含めたいわゆる害獣の問題は中山間地域で農業をしている私達にはとても大きなものですが、先日お会いした方のお話を聞き、改めて深刻だなと感じました。

その方は香美郡の奥、物部村大栃の農家さん。

そのあたりではイノシシだけでなく、鹿、そして猿も出没するそうです。いくら電柵で囲っても下をイノシシが掘り、そこから鹿が入る。上からは猿が。新芽も全て食べられてしまうそうです。驚いたのはあの酸っぱいユズでさえ!・・・・お話を聞いているだけでも怖くて気の毒で悲しくなりました。頑張って作ってもあらかた動物にやられてしまうなんて。離農する方が多いのも頷けます。

「動物が食べるぶんばあは残しちゃったらえいわねえ」

取り残した蜜柑をついばむメジロを見ながら夫と話していた日々でしたが、ここまでくるとそんな綺麗ごとは言えませんね・・・。

 

 


風が強いです。

今日もとうもろこしの種まき&トンネル張り。

夫と二人でビニールを引っ張る先からバタバタと風が入り込んでちょっと小休止、土をかけてはちょっと小休止、の繰り返し。

この時期は我慢比べのように春の嵐との闘いの毎日です。

でも。

少し前までのあんなに寒かった北風とは違い、力強い中にもちゃんと春を感じる匂いがあるような気がします。

最初に張ったトンネルの中ではとうもろこしと枝豆の可愛い芽も大きくなってきています。

まだしばらく続くこの風との闘いですが、我が家の窓から見える桜の木がもうすぐ咲くんだなあ、と思うと、なんだか頬が緩んでしまう昼下がりなのでした。


東京で1泊し、朝いちばんの飛行機で帰路につきました。

午後からは高知県男女共同参画推進フォーラムの講師のお仕事・・・といっても初めての経験です。

高知県の農業女性リーダーの皆さんの前で、農業女子PJに入ったこと、一歩前に踏み出した事がきっかけで変わったことをお伝えする、というもの。お話をいただいた時は本当に驚きで、たかだか農業に携わって3年足らずの私が大先輩の皆様の前で講義をするなんて、そんな大それた事はできません!と、正直お断りするつもりでした。

が。

自宅まで来てくださった県の方がとても良い方で、色々と雑談しているうちにお引き受けすることになり・・・あれよあれよと当日を迎えてしまいました。会場にはご近所の農家の方も来られていて、緊張もピーク(;゚Д゚)

ええいままよ、と話し始め、約40分の持ち時間をなんとか無事に(?)お話を終える事ができました。

なにぶん初めての事なので勝手も分からず、何度断れば良かったと思ったかしれませんが、終ってみれば楽しく明るい女性リーダーの皆さんとお知り合いになれ、お褒めの言葉も頂戴し、何より自分自身もこれまでの想いを再確認することができた貴重な経験となりました。

関係各所の皆様、会場に来ていただいた女性リーダーの皆様、改めて厚く御礼申し上げます。


ページ上部へ