高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

やっと晴れの日が続いています!嬉しい!冬場は雨が降った後は何日も入れなかったりするのですが、春から初夏、高知の温かい(むしろ暑い?)風と強いお日様の力でさくっと乾かしてくれます。

森田農園でもやっとサツマイモの植え付けが始まりました。さつまいもはツルで植えるため、カンカン照りの日には植え付けができません。せっかく植えても雨が降らないとツルは枯れてしまいますし、しっかり根付かないのです。この日は小雨。全員が雨合羽を着ての作業。ピシッと張ったマルチシートの上にツルをぽんぽんと置いていき、穴を開けてできるだけ浅く長く植える船底植え。私はこれが何年やってもへたくそで、いつもツルを置いていく係です‥‥。

森田農園で栽培しているサツマイモは、土佐紅、紅はるか、干し芋用の人参芋、それに安納芋が少し。

サツマイモも最近は若い女性に再人気のようで、色んな品種が開発されています。安納芋に紅はるかやシルクスイートなどが有名ですね。どちらもしっとり、ねっとり系です。他にも紅あずま、紅はやと、かほっくり・・・・どこの産地も特色あるお芋に力を入れ始めたようです。

土佐紅。皆さんご存知ですか?

鳴門金時は知っていても、土佐紅はご存じない方が多いと思います。これは高系14号という高知県が開発した早掘り品種で、とても優秀な品種だそうです。鳴門金時はこの高系14号の徳島名、とでも言うのでしょうか・・・高知が発祥なのに名前は徳島の方が有名だなんて、よさこいソーランみたいですよね。

土佐紅は、ほくほくした甘さが上品なお芋です。全国的にも有名な日曜市の芋天屋さんも、もちろんこの土佐紅を使っています。口に入れるとほろっと崩れるあの感じが、美味しい天ぷらにぴったりなんでしょうね。

サツマイモがブランド化して名前で買われる時代。私はこの大好きな「土佐紅」という名前を、もっともっと全国に広めていきたいと思っています。

 


毎日雨が続いています。

春先の植え付けの忙しい時期、全てが露地栽培の森田農園はなかなか外仕事がはかどらず・・・重い灰色の空を見上げてはため息をついています。ついこの間まではあんなにカラカラだった畑も心なしかアップアップしているような。

しなければいけない事が山積みで、蒔いた種が流れないか心配で、子供たちは進級で、洗濯物が乾かなくて。なんだか気ばかりが焦る日々です。

我が家の裏山には数本の桜の木があります。ちょうどダイニングの窓から見える場所。自宅に居ながらにして毎食お花見気分が楽しめるこの時期を、私たちは毎年楽しみにしているんですが、今年は本当に花が遅い。まだやっと3分咲きくらいかな?

事務仕事をしながらそんな事を思っていると、ふと題名の「桜雨」という言葉を思い出しました。桜の咲く時期に降る雨の名前です。また、この時期のにわか雨は「花時雨」と呼ぶそうです。

日本語の表現のなんと、なんと美しい事か!

高知の明日の天気は晴れの予報。焦る気持ちはいったん心の引き出しにしまって、花びらに雨のしずくが残る桜を愛でにちょっこり家族で出かけましょうかねえ。


ここ数週間は、毎週日曜市に顔を出しています。

母の店に私の商品を置いてもらっているのでその手伝いという事もあるのですが、ちょっと離れた駐車場に車を止め、他の方々の店舗を見ながら歩くのはとても楽しいものです。

春になって葉物が多くなってきたな。このお店の田舎寿司も美味しそう。わあ、もうタケノコが出てる!!

・・・・目的の母の店は東の端の方。たどりつく頃には手に荷物がたくさん揺れています。

娘は先に走っていっておじいちゃんにお小遣いをもらいお隣のパン屋さんでケーキを買ってすでに食べていたりもします。

私自身は嫁ぐまで周りに農家はおらず、正直、日曜日は「仕事はお休み」の感覚でした。

3年前に就農してからも、子供が小さい事もあって私達夫婦は日曜日は子どもと過ごすと決めていました。

ですが、買い物に来られるお客さんに説明をしながら買っていただく、この行為のなんと楽しい事か!できる事なら毎週行きたい、と思うようになりました。

さらに、最近ある方と日曜市の話になりました。

森田農園は8代目、日曜市は300年の歴史。もしもその頃から出しているとするとこれはすごいよね、と。

調べてみると父が小学生の頃からの出店だそうで、65年ほど前でした。ここ枝川と高知市内をむすぶ咥内坂は明治の時代でも難所と言われていたらしく、馬車でも荷車を引いては上れなかったそうです。

300年じゃなかったと残念がっていた私にその方は、

「これまで65年の歴史があるという事はあなた達の代には100年を迎えるという事。喜ばしい事です。」

と言って下さいました。はっとさせられました。

高知の観光の名所、日曜市。

子供の頃はお客さんとして歩いた追手筋を、今は生産者として歩いている事が、なんとなく不思議で、そして誇らしく感じられるようになりました。娘がもう少し大きくなった時、8代目としてテントの下に立つことが今から楽しみです。

 

 


ページ上部へ