高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

毎年この時期から土づくりが始まります。今日は生姜を植える予定の畑に堆肥を混ぜ込む作業。

寒い朝です。少しだけ遅めに山に行ったのですが、まだ畑は凍っていました。

父がトラックで運んできた堆肥を三人で下し、まんべんなく広げていきます。森田家ではこれを「ひっぱる」と言いますもみ殻、木のチップ、米ぬか等を発酵させた、見るからに栄養のありそうな堆肥。地元の農家が共同で作って管理しています。

どうか来年も良い生姜ができますように。

 

 


 

農業女子PJメンバー、埼玉県 榎本農園の榎本房江さんからトマトを頂きました。

見た目が鮮やかなだけではなく、とても甘くて、ぎゅっと濃い美味しさの詰まったトマトです。以前イセキのトラクター開発で初めてお会いし、先日の香港で嬉しい再会!

房江さんは以前は某有名ホテルのシェフをされていて、埼玉でトマト農家をされています。野菜ソムリエの資格もあり、メディアへの出演も多く、世界中に顔がきく(笑)

まさにグローバルな活躍をされています。

今回の香港でも、いろんな面で助けていただいた恩人。

フェアで少し残った生姜は、房江さんのご厚意と人脈により、なんと香港のなだ万に引き取っていただけました!!

天下のなだ万で調理していただけるなんて、生姜もきっと本望だと思います。

色々とご縁のつながった今回のフェア。

せっかくのご縁を見失う事のないよう、私達夫婦も頑張ります!!

 

 


ページ上部へ