高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

高知大学の1回生、しおりちゃんとなつみちゃんです(写真公開許可はいただいています)。

ひょんなことから地域協働学部の女の子の知り合いができ、そのお友達の2人です。

しっかりした考えを持ちきちんと将来を考えている、素直で可愛い2人です。

私がここ1年ずっと温めてきたことを少しづつ形にしたいと思い、6月始めのこの日、じゃがいも掘りのアルバイトに来てもらいました。

 

私が温めてきたこと。それは、大学生の奨学金問題です。

様々な要因から奨学金を借り入れ大学に入学したものの、学業とアルバイトの両立に苦労し、また卒業後の返済に不安を感じる大学生がたくさんいるという事実。実際高知大学では約半数の学生が奨学金を利用しており、また年間約30人が経済的理由で休学を余儀なくされているそうです。(高知新聞より抜粋)

注:この2人がそうというわけではありません

奨学金の制度の抜本的な改革はもちろんですが、まさに今なにか出来る事はないかと考えていました。

農家は作物によって繁忙期が違いますが、全国的に人手不足。学業に支障をきたさないように、農家と学生のマッチングができないものか。

アルバイトやパートは一般的にシフトがあり、雇用主が曜日や時間を指定して働いてもらうもの。そうではなく、授業の隙間や空いた時間を活用して短時間のアルバイトが出来る、学生主体の働き方ができれば良いな、と思っています。

「今日午前中授業ないんだけど、なにか仕事ある?」

「よし、じゃあこれやってくれる?」

高知大学は森田農園のあるいの町のすぐお隣、高知市朝倉。これって可能じゃないの?と。

とはいえ、農業は決して綺麗な仕事ではありません。

楽しい!と思ってもらえたらしめしめ。

将来はこの仕事につこう!と思ってくれたらとても嬉しい。

たとえ、辛い苦しいもういやだ!と思ったとしても、将来スーパーで売っている野菜を見て、私達農家を思い出してくれればそれもまた良しかな、と。

単なる農業体験ではなく、労働にはきちんと対価を。

そうすることで今度は責任感や、若さならではのアイデアもたくさん出てくるのではないかな、と思います。

保険や作業工程の見直し、仕事内容の選別など色々と課題も多いですが、ひとつずつ・・・この日を境に、少しづつ準備も計画も進行中です。

共感、また協力していただける方がいらっしゃったらぜひご連絡下さいませ!!

 


たけのこ、新じゃが、春キャベツ。数ある美味しい春野菜の中で、私はこれが一番好きです。

スナップエンドウ( *´艸`)♫

植え付けをしている時から、あの可愛い白い花に鮮やかな緑の葉とさや、サクッとした食感となんともいえない甘さを思い出してニヤニヤしています。もはや生産者目線ではありませんね(笑)

春先の食卓とお弁当にはかかせないこの野菜。いよいよ今週から収穫が始まりました!嬉しい!

さっそく連日食卓に出しているのですが、今年は子どもたちから衝撃の言葉が!

 

 

「スナップエンドウ・・・好きじゃない」

 

えーーーーーーーΣ(゚Д゚)!!

去年までパクパク食べていたのに・・・もしや食べさせすぎて飽きたのか?

仕方ない、母が子ども二人分せっせと食べますか・・・。

 

 

 


竹、でもない。竹の子、でもない。

さしづめ、「竹の青年」といったところか。

みかん山に続く山道沿いの畑に、3メートル近い「彼」が育っていました。

この状態を見たのは初めてかも!こんなに大きくなってもまだ皮は剥がれてないんですね・・・。

よく見ると狙いすましたかのように電柵の中に入り込んでいます。そして1本だけでなく3本も。この畑は森田農園の畑ではないですが、さあ植え付けを始めよう、となった時には大仕事になるんだろうなあ。

ふと、「耕作放棄地」という言葉を思い出しました。

もちろん、こちらの畑はきちんと作っている方がいらっしゃいますが、中山間地域での農家さんの中には高齢になり力仕事が辛くなり、やがて手が回らなくなって・・・不本意ながら離農してしまう方も多いのでしょう。つい数年前に農業に携わることになった私ですが、やはり寂しさを感じます。

 


やっと晴れの日が続いています!嬉しい!冬場は雨が降った後は何日も入れなかったりするのですが、春から初夏、高知の温かい(むしろ暑い?)風と強いお日様の力でさくっと乾かしてくれます。

森田農園でもやっとサツマイモの植え付けが始まりました。さつまいもはツルで植えるため、カンカン照りの日には植え付けができません。せっかく植えても雨が降らないとツルは枯れてしまいますし、しっかり根付かないのです。この日は小雨。全員が雨合羽を着ての作業。ピシッと張ったマルチシートの上にツルをぽんぽんと置いていき、穴を開けてできるだけ浅く長く植える船底植え。私はこれが何年やってもへたくそで、いつもツルを置いていく係です‥‥。

森田農園で栽培しているサツマイモは、土佐紅、紅はるか、干し芋用の人参芋、それに安納芋が少し。

サツマイモも最近は若い女性に再人気のようで、色んな品種が開発されています。安納芋に紅はるかやシルクスイートなどが有名ですね。どちらもしっとり、ねっとり系です。他にも紅あずま、紅はやと、かほっくり・・・・どこの産地も特色あるお芋に力を入れ始めたようです。

土佐紅。皆さんご存知ですか?

鳴門金時は知っていても、土佐紅はご存じない方が多いと思います。これは高系14号という高知県が開発した早掘り品種で、とても優秀な品種だそうです。鳴門金時はこの高系14号の徳島名、とでも言うのでしょうか・・・高知が発祥なのに名前は徳島の方が有名だなんて、よさこいソーランみたいですよね。

土佐紅は、ほくほくした甘さが上品なお芋です。全国的にも有名な日曜市の芋天屋さんも、もちろんこの土佐紅を使っています。口に入れるとほろっと崩れるあの感じが、美味しい天ぷらにぴったりなんでしょうね。

サツマイモがブランド化して名前で買われる時代。私はこの大好きな「土佐紅」という名前を、もっともっと全国に広めていきたいと思っています。

 


園芸連が推奨する【エコシステム栽培】を取り入れている森田農園の生姜。

今年も本格的に植え付けが始まりました。

生姜農家は、昨年収穫した中でもとびきり良いものを翌年の種として大事に半年ほど保管します。その種生姜を、管理機で道をつけたところに切り口や向きを考えながらひとつひとつ丁寧に植えていく・・・いやまさに「置いていく」という言葉のほうがしっくりきます。重いコンテナを何度も運び、腰を曲げての作業はなかなかの重労働。ですが、一家総出の作業はテンションも上がりなかなか楽しいものです。いわゆる「親生姜」と呼ばれる種生姜。枝川の真っ赤な赤土の布団でしっかり眠って健康な子をたくさんつけてほしいものです。

 

 

 


ページ上部へ