高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

先日、農業新聞にとても気になる記事を見つけました。

三重県のNPO法人が子育て中のお母さんを人手不足の農家に派遣する「コラボワーク」。小さな子供を持つお母さんが仕事や子育てを分担しながら無理なく働ける取り組みです。

勤務は一日原則3時間で土日は休み。子連れで出勤して、実際に作業する「農作業担当チーム」と、保育士と一緒に子供たちの面倒を見る「託児担当チーム」に分かれて仕事をします。万一誰かの子供の急な病気などにも対応できるように「待機チーム」もあって、必要な労働力の確保はされているそうです。14年に一戸から始まったこの取り組み、今では17戸、340人のお母さんを派遣するまでになりました。

なんて素敵なんでしょうか!

毎年この時期、保育園の審査で残念な結果になり困っている働くお母さんが話題に上ります。高知は全国でも少ない待機児童ゼロの県ですが、私も外で働いていて下の子が生まれた時は同じ保育園に預ける事が出来ず、2か所をはしごして送迎していました。

幸い夫が就農していたこと、私が比較的定時に終れる仕事だった事、なにより車で通勤していた事で随分と助けられはしたのですが、それでも2年間はよく覚えていないくらい大変でした。ましてや都会で保育園も遠く、自転車や満員電車で通勤と送迎をされているお母さんたちの苦労を思うと胸が痛みます。

私は就農してからずっと、女性にとって農業という職業は色んな意味で適していると思ってきました。短時間でも働きたい子育て中のお母さんと、慢性的かつ作物によって繁忙期の違う農家のマッチングは、本当に価値ある試みじゃないでしょうか。

私もいつかこういう活動に参加できれば嬉しいな。いつかこういうお母さんたちが気持ちよく働いてもらえる農園にしたいな。

と思わせてくれた記事でした。頑張ります!

 


夫を手伝う形から入り、この2月末で3年を迎えようとしています。早いなあ・・・。

よく、農業を始めたきっかけは?と聞かれます。沢山ある答えの中、自分自身どの想いが心の中を一番多く占めているのか、その都度考えさせられます。3年前と今ではその想いもまた、変わらず強く残るものと変化するものもあったりして。質問される度に、なんだか初心に戻れる気がします。

そんな中、始めてからますます大きくなる気持ちがあります。それが「もったいない」という気持ち。農業を生業とする方たちは皆さんそうだと思います。私同様、日々葛藤されている方も多いのではないでしょうか。

ちょっと大きすぎる。ちょっと小さすぎる。形が悪い。キズがある。黒点が出てしまった・・・・・

ジャガイモの芽や青くなったところのように明らかに身体に悪いものでなければ、食べることになんの問題もない野菜や果物たち。できるかぎり自分たちで食べていますが、畑にそのまま捨て置かれたり、ご近所さんにお配りしたりしてもなお、ある一定は出てしまうもの。

「捨てるならすごく安く売れば?」とも言われます。でもそうすると、他の「綺麗な野菜」の売れ行きに響いてしまいます。森田農園だけでなく、一緒に売り場に出ている方たちにもご迷惑がかかるかもしれません。

このいかんともしがたい想いをなんとかしなければ!と、今年に入って加工品の試作に奮闘しています。・・・なかなかうまくいかず煮詰まってますが(笑)


森田農園に取材依頼をいただきました。

先日の香港でのフェアが共同通信から配信され、それを受けて高知放送さんが(;’∀’)!!

テレビで放送される前にこのブログで内容をお知らせしようと思ったのですが。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・困った(;´Д`)

何をお話したのか、全く思い出せない・・・自分自身、テレビ画面で確かめないといけません。

夫と二人、みかん山での作業も含めたインタビュー。

2月7日火曜日、18時15分からの放送(予定)です。

 

 


新聞、好きです。

特に、最近TOKIOの城島さんが定期購読している事で一般の方たちにも一躍有名になった農業新聞。ほんと、面白いんですよ!全国各地の農業の話題はもちろん、中四国や地元高知のコアな話題も満載。普通紙はページ目次に「経済」や「国際」「内政」がありますが、農業新聞は「JA」「流通経済」「市況」「総合営農」などなど、当たり前ですが農業に特化した内容です。一般紙で小さい扱いの話題も農業新聞だと大きく詳しく載っている事も多く、まだ就農3年の私にとってはとても勉強になる新聞。以前は気になる記事はスマホで写真を撮って保存していましたが、今年からは切り取ってスクラップブックを作り始めました。古いやり方かもしれませんが、私にはこちらが合っているようです。


昨年末に温州みかんの収穫はすべて終わりました。

森田農園のみかんは結構キズが多く(風に吹かれてお日様に当たっている証拠なのですが)、出荷できないいわゆる「ハネ」がたくさんできます。知り合いに差し上げたり、ご近所で物々交換したり(笑)するんですが、残りは自家消費。

この時期になると毎年夫が作ってくれるのがみかんジュース。

ただジューサーに入れるだけなんですが、これが旨い!

みかんだけだと甘くなりすぎるので(贅沢?)、大人が飲む分にはレモンや生姜を入れます。

一回にみかん30~40個ほど使いますが、あっという間に無くなる我が家の冬の定番です。

 


ページ上部へ