高知県吾川郡いの町枝川八代地区の森田農園はしょうがや芋類を中心に、土の良さを活かした農業を営んでいます。

森田農園ブログ

出荷待ちの商品です。

森田農園育ちの、温州ミカン、レモン、ぽんかん。3種類のドライフルーツ。

よく洗ってスライスして、必ず1日はお日様に干します。高知の太陽の恵みをいっぱい受けて、栄養がギュッと凝縮されます。乾燥が足りない時は数時間、低温でじっくりと乾燥機で仕上げます。ふんわりと良い香りに包まれながら、重さを測ってパック詰め。最後に森田農園のシールを貼ってできあがり。

この一連の作業を全て私一人で行っているため、一度にたくさんできないのが難点・・・少し不揃いなとこはお許し下さい。

ミカンやぽんかんはヨーグルトに一晩入れておくと良い香りが移ります。柔らかくなったところを一緒にどうぞ。

レモンは生よりはるかに日持ちするのでレモンティーにはその都度使え、保存しておけば便利で経済的です。

まもなく県下サンシャインチェーン、サニーアクシスいの、サニーマートいの店の店頭に並びます。

無添加、無香料。いの町枝川の爽やかなドライフルーツをぜひお試しくださいませ(*´ω`*)♬


先日、農業女子PJの参画企業の1社、東和コーポレーションさんから、サンプル品が届きました。

「ロングインナー手袋」です。

軽作業時はそのままで使うも良し、手袋の中に重ねて使うインナー手袋としても良しの優れもの。実際私も、土仕事の時には使い捨てのビニール手袋をインナーで使ったりしていました。土が湿っていると厚手の手袋でも中まで汚れてしまったり、時には爪にまで入り込む事も多いからです。

早速使ってみました!

指先はスマホ対応になっていて手袋をしたままでもOK。手首はズレ防止仕様。私は体のわりに手が小さいのでここ、重要です。何より、通気性が良くて蒸れにくい!UV機能がついた長い袖になっているので、夏場の手袋の悩みもこれで解消できそうです。

ネイビーにピンクのラインが入った配色もなかなかニクい組み合わせ・・・もっとたくさん色があると良いな。


目の覚めるような、鮮やかで真っ黄色な肌。

みずみずしく爽やかな香り。

上品な甘さと酸味に、ほんのりと苦みの入る大人の柑橘。

それが文旦だと思います。柑橘の中では私の一番のお気に入り。年末の収穫から、今か今かと熟成を待っていましたが、やっとお披露目です。

森田農園では収穫後、山に藁を敷き文旦を貯蔵・熟成させ、出荷の都度洗ってお届けしています。生まれた山で藁の布団に包まれぐっすり眠った文旦は、しっかりと甘さを蓄え、露地栽培ならではのすっきりとした美味しさを持っています。

みかんと違って剝くのは面倒かもしれませんが、美しく剝けるとそれだけで嬉しくなりませんか?

 


森田農園に取材依頼をいただきました。

先日の香港でのフェアが共同通信から配信され、それを受けて高知放送さんが(;’∀’)!!

テレビで放送される前にこのブログで内容をお知らせしようと思ったのですが。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・困った(;´Д`)

何をお話したのか、全く思い出せない・・・自分自身、テレビ画面で確かめないといけません。

夫と二人、みかん山での作業も含めたインタビュー。

2月7日火曜日、18時15分からの放送(予定)です。

 

 


答えは食品乾燥機です!

前々から作りたかったドライフルーツの製作が始まりました!

いつも使っている作業場と倉庫がリニューアル工事中なので、とりあえず自宅に運び込んだら・・・・で、デカい(;’∀’)

この日はみかんとレモンで試作。もちろんどちらも森田農園産のものです。

乾燥機が稼働を始めた途端、柑橘のとっても良い香りが充満してきました。思いがけないアロマテラピー。

この後はポンカン、文旦、夏ミカンが控えています。さつまいもチップスも作りたい!

森田農園の新作、まもなく店頭に並びます。


ページ上部へ